2019.03.26 [Tue]

大黒ふ頭客船ターミナル見学!

3月25日(月)に横浜港大黒ふ頭客船ターミナルの内覧会に参加してきました。

一部昨年より稼働をしていたターミナルですが、全ての建屋が完成。2棟で構成されているCIQ棟が数千名が乗船する大型船の乗下船の同時手続きが可能。柱のないCIQ棟は客船の種類やニーズに併せた多彩なレイアウトが可能な巨大空間でした。

そして、岸壁に出てみると、偶然にもクァンタム・オブ・ザ・シーズが停泊中。中国宝山発着のアジアクルーズ中の客船は、総トン数168,666トン、全長 348メートル、乗客定員4,180名に乗員を加えた約6,000名を運ぶ大型船。

大黒ふ頭近くにあるスカイウォークから客船を見ると、クァンタム・オブ・ザ・シーズの屋上には謎のピンクのクマと、ギネス記録に「洋上で一番高い展望デッキ」として登録された、海上約90mからの絶景を望めるが楽しめる展望カプセル「ノーススター」が見えました。(写真)

この客船は、世界数カ所にしか無いスカイダイビングシミュレーター「アイフライ」、ロボットバーテンダーがお好みのカクテルを供する「バイオニックバー」、洋上最大の室内スポーツ施設「シープレックス」などアミューズメント施設満載で、ここでしか体験ができない施設も新しい客船ライフが楽しめる大型カジュアル船。23時に出港したあとは、中国宝山に向けて帰路につくようです。

 

< 更新情報一覧へ