目的に合わせたクルーズの楽しみ方
女友達・母娘・卒業旅行編

女友達でクルーズ

優雅で気ままな時間を堪能する、女性ならではの船旅

クルーズの楽しみ方・魅力

お互いの好みを尊重でき、ずっと一緒に過ごさなくてもいいのが大人の女友達。スパでのんびりしたい人、船内アクティビティのヨガ教室に参加したい人、プールサイドで読書したい人など、選択肢が多いクルーズは趣味が違う友達同士で出かけても、皆が満足できるのが大きな特長です。昼間に別行動した日にはディナーで集まって、お互いの楽しい一日を報告し合うのも素敵なひとときです。

クルーズ選びのポイント

乗客全員の身元がはっきりしているクルーズは極めて安心な乗り物。ただ、お酒を飲む機会が多いだけに、女性だけの旅ということを考えてプレミアムクラス以上の客船を選び、不用なトラブルを避けるという手も。また、少し背伸びをするぐらいの船に乗り、食事のマナーや社交場の雰囲気、エスコートのされ方を学ぶのも、女性ならではの貴重な社会勉強といえます。

例えばこんなクルーズ

秋の地中海クルーズでアテネ・ローマを満喫

港の美しさが格別のベニスを出航し、アドリア海・地中海を周遊するクルーズへ仲の良い女友達と。船内ではお互い気ままに過ごし、「今日はアクティブで行こう!」と意見が一致すれば、世界遺産のアテネやローマをたっぷり一日かけて観光しても。価格がお得な10~11月就航のクルーズを選び、観光客数も落ち着いた寄港地で、のんびりショッピングや美術館めぐりをして過ごすのもおすすめです。

情熱的でエレガントな時間を味わうダンスクルーズ

ダンス好きの友達が集まるなら、ぜひ挑戦してみたいのがダンスプログラムを充実させたクルーズ。社交ダンスをはじめ、タンゴやサルサ、マンボなど気分次第でさまざまなジャンルのダンスレッスンに参加できます。夜のダンスタイムには、習ったステップをラウンジやフロアで音楽に合わせて実践。女性だけでのレッスン参加でも、多くの場合は男性スタッフやインストラクターがお相手を務めてくれるため、気兼ねなく楽しめます。

イギリス周遊クルーズで欧州の魅力を再発見

歴史ある街並みや古城、のどかな田園風景を楽しめるイギリス周遊クルーズは、旅慣れた女性たちでも新たなヨーロッパの魅力を発見できる人気プランです。ロンドン・サウサンプトンを発着し、ビートルズ発祥のリバプールやスコットランドのエジンバラ、フランスのル・アーブル、オランダのアムステルダムなどをめぐります。2泊~10泊以上などさまざまなコースがあり、休暇日数に合わせて選べるのも魅力です。

母娘でクルーズ

新鮮な喜びに満ちた洋上のひとときを、母と娘のふたりで

クルーズの楽しみ方・魅力

社会的に自立した20~30代、または子育てがひと段落した40~50代の女性と、そのお母様という二人でのクルーズは、母娘の絆をあらためて感じる新鮮な時間に。お母様が高齢でこれまで遠出は控えていたという場合でも、陸の旅とは異なり歩き回る必要がないクルーズなら無理がありません。車いすを必要とする方でも、船内はバリアフリーが基本のため不自由さを感じることなく楽しめます。

クルーズ選びのポイント

アートや音楽など、母娘で共通の興味があるものにテーマを絞ったクルーズは必ず満足度が高いものに。または、お母様が訪れてみたい国や地域の希望を聞き、そのエリアに寄港する船を選んで親孝行をするのもよいでしょう。寄港地観光より船内でのくつろいだ時間を重視したいという場合、常に窓越しに豊かな風景が広がるリバークルーズも良い選択肢です。リバークルーズはほとんど揺れず、こぶりな客船が多いため、上下船も楽にできます。

例えばこんなクルーズ

短い夏に輝く白夜の北欧クルーズを堪能

北欧の街の美しさに母娘でひかれるなら、5~8月頃の限定航路で爽やかな夏を堪能するクルーズを。白夜の季節は涼しく快適で、長い一日を自分のペースで過ごせます。「北欧のベニス」とも呼ばれるスウェーデン最大の都市・ストックホルムは、たくさんの島々の最奥にあり、その群島の間を抜けて海洋を目指す出港時の眺めは絶景です。日本人が親しみやすい新鮮な魚介類を活かした食事も、母と娘のおしゃべりを盛り上げてくれます。

ライン川沿いの景観をバルコニーから楽しむ旅

4カ国の国境を越えて、ヨーロッパの大河を旅するライン川クルーズで、母娘でのんびりした時間を。窓越しには、オランダの風車群やドイツの黒い森、断崖にそびえ立つ古城などが眺められ、船の上からでもそれぞれの土地が培ってきた歴史や文化、人々の暮らしを感じられます。リバークルーズでは、バルコニー付き客室が人気で埋まりやすいため、希望する場合は早めの予約がベターです。

バルト海クルーズで憧れのエルミタージュ美術館へ

エルミタージュ美術館に憧れるお母様に、アート好きのお嬢様が付き添うバルト海クルーズも素敵な旅になります。航海中は船内で開かれる絵画教室に母娘揃って参加し、プロから指導を受けて作品づくりにいそしんでも。さらに、アートオークションを覗いてその本格的な雰囲気を楽しみつつ、作品を見る目に磨きをかけるなど、アート三昧な時間を送るのもクルーズならではです。

クルーズで卒業旅行

大洋を旅し、人生を変えるような驚きと感動を仲間とともに

クルーズの楽しみ方・魅力

多様な出身地の人々が集まる船の上は、まるで小さな国際村。異なる文化・習慣に触れて視野を広げる格好のチャンスといえ、若い時にこそ持ちたい経験です。グローバルスタンダードや語学の重要性を実感し、その後の人生観に大きな影響を受ける人も少なくありません。さまざまなアミューズメントを仲間同士で満喫するのはもちろん、他の乗客や乗員との交流を積極的に楽しむことをおすすめします。

クルーズ選びのポイント

同世代の若い乗客が多く、エンターテイメント施設の充実したカジュアル船が、卒業旅行の賑やかな時間を過ごす場として人気。同室の場合、3、4人目に格安料金が設定された客船もあるので、一緒に行くメンバーで相談して上手な利用を。成長著しい新興国を自分の足で歩いてみる、学生時代に文化や歴史を学んだ国を訪れてみるなど、社会的な関心が高いエリアを選ぶクルーズもよいでしょう。

例えばこんなクルーズ

活気に満ち、どこか懐かしさを感じるアジアを巡る船旅

アジアの活気と雄大な自然を味わいたいなら、香港や広州を発着し、中国・ベトナム・タイなどへ向かうクルーズを。「東洋のハワイ」と呼ばれる中国・三亜(海南島)で民話伝説に基づく景勝地を回ったり、ベトナムの世界遺産・ハロン湾で岩山がそそり立つ風景に圧倒されるのも貴重な体験です。中心都市のダナンやバンコクへの寄港時には、地元の人々が利用する市場などに仲間と足を運び、その土地の暮らしを肌で感じてみては。

洋上で語学とコミュニケーションスキルを磨く

船内アクティビティとして語学教室を充実させたクルーズもあり、洋上でのミニ留学気分が味わえます。例えばスペイン語圏が多い南米クルーズでスペイン語を学び、寄港地の街で実践してみるというのも船旅らしい楽しみ方です。また、さまざまな国籍の人との出会いが多い船の上は、それ自体がコミュニケーションスキルを磨く格好のチャンスであり、社会人スタートに向けた学びの場と考えても。

革命家や文豪たちの生きた街を訪ねるキューバクルーズ

「アメリカと半世紀ぶりに国交を回復したキューバの街を見る」とテーマを絞ったキューバクルーズに、大学の友達同士で。スペイン・コロニアル建築の街並みが残る世界遺産のハバナで旧市街を散策したり、革命家チェ・ゲバラや文豪ヘミングウェイゆかりのスポットを回るなど、見どころ満載。ハバナに停泊したのちに、ジャマイカ一番のリゾート地・モンテゴベイに寄港するコースも人気です。